包茎手術 傷跡 違和感 突っ張り 感度

包茎手術の後遺症とは?

包茎手術について気になることはいろいろあると思います。

 

  • どのクリニックがいいのか?
  • 手術はどういう内容なのか?
  • 手術中の失敗はないのか?
  • 手術直後はどうなるのか?
  • 本当に包茎が治るのか?
  • 手術の料金は?

 

デリケートな部分の手術だけに不安はあると思いますが、その中でも気になるのは手術後のこと。

 

包茎は治っても、傷跡が残ったり違和感が残ったりするなど後遺症はないのでしょうか?

 

今回は包茎手術の後遺症についてご紹介します。

後遺症が残ることもある

結論から言うと、100%後遺症がないとは言い切れません。

 

包茎手術は、外科手術の中でも簡単な手術です。そのため手術が失敗するなんてことはまずないし、包茎も確実に治ります。この点は間違いありません。

 

ですが、手術で包皮を切って縫合するため、稀ですが、人によっては後遺症がでることがあります。

 

包茎手術の傷跡

 

傷跡の残らない術式で包茎手術を受ければ、包茎手術の傷跡は残りません。

 

包茎クリニックによっては、「クランプ」と呼ばれる器具を使って機械的に切除・縫合をするところがあります。短時間で簡単に手術できるため手術料金も安くなるのですが、縫合痕が残ったり、縫合した部分を境に陰茎がツートンカラーになってしまう場合があります。

 

そのため、包茎手術をするときは、必ず手作業で行う術式を選んでください。

 

特に、上野クリニックで採用している「複合曲線作図法」や、中央クリニック系列で採用している「亀頭直下埋没法」は、亀頭のカリの下に隠れるように縫合するため、傷跡が目立たずツートンカラーになることもありません。

 

突っ張るなどの違和感

 

包茎手術を受けてしばらくしても

 

  • ペニスが突っ張るような感覚がある
  • セックスやオナニーの感度が悪くなった

 

という違和感がでる人います。

 

これは感覚の問題なのでなんとも言えません。
もちろん、セックスの感度に関係があると言われている「包皮小帯」を残して手術するなど、クリニックでは後遺症が残らないように最善の処置をしてくれます。それでもしばらくは違和感が続くこともあります。

 

僕の場合、ペニスが突っ張る現象と亀頭が敏感な状態がかなり長く続きました。

 

手術後1ヶ月くらいで傷跡もしっかりふさがり包茎は治りました。
でも、そこから亀頭が敏感な状態が半年くらい続きました。まあこれは、今まで亀頭に皮がかぶっていて刺激に弱い状態だったので仕方ない症状です。誰でも亀頭が敏感な状態になって、3ヶ月〜半年くらい続きます。

 

ただペニスが突っ張る状態はなかなか治りませんでした。

 

結局、1年くらいクリニックと相談しながら様子を見て、徐々に気にならなくなり今では突っ張る状態も完全に治っています。

アフターケアの充実しているクリニックを選びましょう

上記のとおり、包茎手術では100%後遺症がないとは言い切れません。これは手術全般に言えることで、他の内科・外科手術でも同じことです。

 

そのため、包茎手術を選ぶときは、できるだけアフターケアが充実しているクリニックを選びましょう。

 

もちろん包茎手術自体の評判や実績も大事ですが、手術後に24時間体制の電話サポートがあったり、すぐに診察や処置など対応をしてくれるクリニックかどうかも大事です。

 

包茎手術はペニスというデリケートな部分の手術です。そのため手術前の不安も大きいと思います。そんな不安をできるだけ解消するためにも、料金だけでクリニックを選んではいけません。

 

数多くの実績があり、アフターケアも充実しているクリニック。

 

こういったクリニックを選ぶようにしましょう。